目が疲労しにくくなる姿勢

目が疲労しにくくなる

姿勢によっては自律神経などにも関係してくるので姿勢を改善していくというのは難しいですが日々必要なことでしょう。

 

デスクワーク上で特にパソコンでは瞬きが少なくなり顔が前に出やすいため目が疲労しやすくなります。

 

そして下半身も屈曲した状態で保持されやすいので下半身も筋力が弱くなりがちです。男性なら運動ではウォーキングよりも下半身や腰周りをよく使用する下半身の筋力強化をしていくことで肩のこりなども間接的に良い影響がでやすいでしょう。

 

また同じ姿勢を保持していると血行も悪くなりがちですので、同じ姿勢を長時間保持しすぎないようにしていくと良いです。

 

なのでパソコンもそうですが、仕事ではなくてもテレビや携帯、車の運転など眼精疲労にもつながりやすいので注意してみてくださいね。

目が疲労しにくくなる姿勢記事一覧

▲目が疲労しにくくなる姿勢 上へ戻る
目が疲労しにくくなる姿勢 先頭へ戻る