正しいドライヤーの使い方は?

正しいドライヤーの使い方

ドライヤーで頭皮がより気持ちよくリフレッシュしやすい状態を作るためにもヘッドスパは抜け毛予防にも効果的なので、定期的に試してみるとよいでしょう。

 

つづいて実際にドライヤーを使用する際の正しい方法についてですが、まずは髪の水分をできるだけ取り除くことが重要になるためタオルドライに時間をかけて、髪を擦るのではなくタオルで包み込むようにして水分を取り除きます。

 

続いては温風を髪に当てる事になるのですが、その際には頭皮からおよそ20cmほどは距離をとり、近づきすぎることがないように気をつけましょう。

 

また1カ所に温風を当て続けるのではなく左右に揺らして広い面積にあてるようにし、髪表面にあるうろこ状のキューティクルに沿うように髪の根元から毛先に向けて乾燥させます。

 

さらに髪が乾燥する最後まで温風を使うのではなく、程よく乾いてきた段階では冷風に切り替えて髪を冷やして、最後の仕上げとしてキューティクルを引き締めると良いでしょう。

 

また温風を当てながらブラッシングをする方もいるのですが、髪への負担を避けるために乾燥後にブラッシングをすることが勧められます。

▲正しいドライヤーの使い方は? 上へ戻る
正しいドライヤーの使い方は? 先頭へ戻る