髪全体をコーティングしなくてもきしまないノンシリコンシャンプー

髪全体をコーティング

ノンシリコンシャンプーは髪がきしみやすいとよく言います。では、これは本当なのでしょうか。

 

まず、シリコン系のシャンプーを使った場合、なぜ髪はきしまないのでしょうか。最大の原因はシリコンにあります。

 

シリコンという成分は髪に吸着され、髪全体をコーティングするという役割を持っています。

 

そのため、シリコン系のシャンプーで髪を洗うとシリコンの働きによって髪がコーティングされサラサラ感を得ることができます。

 

当然きしむという感じはしません。

 

ノンシリコンシャンプーの場合、このシリコンが含まれていませんから髪をコーティングすることはできません。

 

すると、これまで髪をコーティングしていたシリコンが落ちていき、これによって髪がきしんでしまうということになります。

 

つまり、ノンシリコンシャンプーに髪がきしむ成分が使われているということではなく、シリコン系シャンプーからノンシリコンシャンプーに替えるにあたって、これまで髪をコーティングしていたシリコンが落ちてしまい、その結果髪がきしんでしまうということになります。

▲髪全体をコーティングしなくてもきしまないノンシリコンシャンプー 上へ戻る
髪全体をコーティングしなくてもきしまないノンシリコンシャンプー 先頭へ戻る